人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

カテゴリー "妊娠中の日常のこと" の記事

失念による失効でもう金がない

最悪や最悪や、嗚呼最悪や

免許の更新を失念してしまい、免許失効してしまった。
ペーパードライバーやからええけれども、
また運転免許試験場に行かなければならない。
6か月以内に行けば講習だけで免許は復活するからいいんだけれども、
普通免許と普通自動二輪のふたつで、金がなんだか余分掛かるようだ。

免許証の住所変更せずほったらかしにしていたのが悪かったなあ。
免許更新のお知らせとかいうハガキが来ないもんだから、
うっかりし過ぎてしまった。
最悪やドアホ。

住民票を区役所に取りに行き、
証明写真を撮りに行き、
と、余分なやらなければならないことが増えた。
ああ最悪やドアホ。


今日は胎児のしゃっくりと思われるものを感じた。
現在28週の半ばで、8か月めに入った。
とてつもなく早い。時間が過ぎるのが早い。

昨日からなんとなくお腹が重く感じるような、
急激にお腹が大きくなったような感覚になっている。
お腹も張りやすくなってきた。
食欲は相変わらず、異様に甘いものが食べたくなり欲のまま食べる。
少し前より食後苦しくなるようになってきた。
胃が圧迫されるようになってきたのかいな。
でも食べる。
体重増加は妊娠前より+5㎏ほどに。
しかし一瞬で+6㎏に突入しそう。
日常生活のなかで別段運動を取り入れているわけでもなく、
むしろ取り入れる気などさらさらないんだけれども、
さすがに若干「なんかせなあかんかしら・・・」とモヤモヤすることも増えてきた。

そういえば娘のときはよく旦那と夜に散歩へ行っていた。
あの頃は今ほど激務ではなかったなあ。
ここ2~3年は朝7時過ぎ出社の夜12時前帰宅というスタイルが当たり前になっている。
体調が慢性的に悪く、しかし病院へ行く暇もないくらい忙しい。
それでも週末は娘とともに家族で出掛けるのが楽しいらしい。

娘とのんびり過ごせる時間がもうすぐ終わる。
そう思うと物凄く寂しい。
娘の寝顔は今でも赤子のときのままで、
仕草や笑い声もあいくるしいまま。
いまだに寝顔を眺めていると、いろんな感情が溢れてきてしまう。
結局ちょっと泣いてしまうくらいキてる。

なんだろうこの寂しさ、たぶんきっと妊娠による脳内お花畑化の一種なんだろうけれど、
むやみやたらと今が終わる瞬間を悲しく感じる。
娘を鬱陶しく感じることだってあるし、1人の時間が必要だと感じるし、
相変わらず私は自分勝手な思考のままなのに、
母親として娘に関わる様々な選択を迫られている。

まだ言ってやがるという具合ですが幼稚園へ通わせるのか
今のまま週に2回程一時保育へ通わせるのか、
ただでさえ引越しや突然赤子が登場するという生活の変化が起こるのに、
やたら敏感でこだわりの強い娘をどこまで環境変化にさらすのか悩みまくっている。
つうかもうすぐ2月やで。
悩み過ぎやでほんまに堪らん。
こんなんで4月に出産やら娘の幼稚園の件やらどうにかなるんかいな。

という最近です。

超自分のこと

26週に入った。
検診も2週間ごとになったので、なんとなく慌ただしくなる。
慌ただしくなるっつっても、普段何もしてないのだけれどもなんかこう、
慌ただしくなるなあ。
気持ちの面でなんかこう、慌ただしい。
そうそう、前回の検診で性別が分かった。
「今のところ付いてないですね~」と言われたので、
女だ。
娘がふたりになる。

正直、ホッとした部分もあるしちょっとだけ拍子抜けという部分もある。
男児を育てたことのない私がどうやって男児を育てるんだろうか
とかいう不安がなくなったぶん、女児ふたりが年頃になったら大変だろうなあと
今から心配してる。

そういや正月に大家族の特番やっていたんだけれども、
それはもう面倒極まりない男の子の反抗期が放送されていて
うわあ、無理だわこんなん、と思ってしまったのだった。
私だって大概面倒くさい子どもだったと思うけれども、
男児のそれはもう、比較にならんかった。
なのでやっぱ男児を育てるお母さんっていうのは
そういう面で大変さが凄いと思う。
女児もまた違った面で大変な部分があるんだろうけれども。
自分が経験しないであろうことは想像でしか補填出来ないなあ。
と、先の事想像しすぎると頭おかしくなりそうだ。

昨日義実家へ行ったとき、旦那が2人目も女だと報告したら、
微妙な反応だった。そのあと「まあええやん」と返ってきた。
育てやすいというのと、これからの時代、男児のほうが生き辛いというのと。
義母は男児2人の親だから、
孫にも男児が産まれたらきっと面白がっただろうな。
でも私の子だから私のために産む。
女でも男でも私が産みたいから痛いの嫌だけど産む。
娘も「いもうとがいい」と言っていたので、頑張って産む。
無事に産まれるのならどちらでもいい。

産後のこと、娘の幼稚園のこと、引越し、なにも決まらない。
困ったなあ。

最近特に悩ましいのが私の産後、というより娘のこと。
両家の親が手伝うと言ってくれているのに、
どうも不安でたまらんのだった。

ありがたいのに素直に受け容れられない。
自分のペースというか、自分のやり方というか、
そういうものが乱れることが嫌なんだろうなあ。

お皿に洗い残しがある!
そんな切り方じゃ娘はそれ食べないよ!
娘にそんなもん食べさせないで!
きちんと仕上げ磨きしてから寝かせるのに!虫歯になったらどうすんの!
自分でしたい自分でしたい自分でしたい!

と、腹の中で苛立つんだろうなあと思うと、
そんな器の小さい自分を安易に想像できるのがもう、
とてつもなく嫌で嫌で堪らないのだった。
産後の自分がどこまで何を出来るのか分からないのに、
とてつもない贅沢言ってるよ。

娘のときも実母のやり方に苛立つことがあったので、
今回もそうなりそうで今からモヤモヤしている。
旦那には「はあ?何言ってんのこいつどうでもいい」と思われるだろうけれども、
産後の生活のことはきちんと話をしておかないとだめだな。
娘の歯磨きと風呂と寝かしつけはどうしても旦那に頼みたい。
食事は旦那も食べることを考えると義母に頼みたい。
入院中の洗濯は実母に頼みたい。
退院後の家事補助は実母に頼みたい。
娘のことは、と考えると、やっぱり旦那に任せたいけれども、
旦那は仕事をしなければならないからこれを決めるのが心苦しい。
早く産後回復するに限るな。
頑張ろう私、苛々するくらいなら自分でしよう。


私の体調は頻尿というか頻発する尿意(でもあまり出ない)と、
時々くる腰痛と、怖ろしいくらいの食欲。
体重増加がおそろしい。
お腹の張りやすさは変わらない。
時々おっぱいの手入れをしてみようと思いたち、
浴槽で搾るとまだ出るもんだね。娘のときから搾ると出るのは変わらない。
でもあまりするとお腹張るからもうしない。
保湿だけしてる。


ちょっとだけ娘のこと

最近神社や寺が好きな娘、
大阪市内にある四天王寺という寺に、ほぼ毎週行ってる。
線香を40円で買い、ロウソクも40円で買う。
一緒に火をともし、手を合わす。
ここには歩くとピッピと音の鳴る靴を履く子どももいないし、
娘の心が安定する。

娘、ピヨピヨ靴というのかしらんけど、
歩くとピッピ音が鳴る靴のあの音を聞くと、
泣いて逃げる。とても嫌なのだ。
あと、スーパーなどにある車型のようになっている子乗せカート。
あれに付いている押すとピッピというやつも嫌いなのだ。
嫌いな音がけっこうある。
たしかにあの音、いいもんじゃないね。私も苦手。

あと、「かみさまみならいひみつのここたま」っちゅうもんにハマってる。
ここたまハウス買ってしもうた。ら、今後増えるらしいやないですか。
アニメにも着々と新キャラ出てくるやないですか。
こりゃ次作魔法つかいプリキュアはハマらないようにしてもらおう。
昨日最寄のイオンでプリキュアショーやってたんだけれども、
娘に聞くと「こわいから行かない」だって。
シャットやクローズが出てくるのが嫌らしい。
ああ娘、きっともう、プリンセスプリキュアのショー見られないよ。
しかしプリキュアのショーは人が多くて嫌になる。


人が多いというと、大阪市内には娘が心を許せる場所が少ない。
もちろん私も、市内に住んでるくせに都会に出るととても疲れる。
近所のスーパーに行くだけでも人がたくさんいて疲れる。
市内向けの人間じゃないのに、なんで市内に住んでるんだろう。
こんなんじゃどこに住んだって文句言いそう。



大島てる見てたら住むところ決められなくなってくる

ゆりこといぬ

娘の頭の中の一家に、また1人登場人物が増えた。
こんどは「ゆりこちゃん」だ。
かよこちゃんのきょうだいで、かよこちゃんより声が小さいんだって。

そして昨日の娘、
風呂上り歯みがきしてすぐ居間で寝てしまったのだけれど、
眠る間際に「かよこちゃん、◯◯(娘の名前)のこと忘れてしまうんかなあ」
と、ぼんやりと言っていた。
内向的な部分にますます拍車がかかってまいりました。
盛り上がってまいりました。

先週末、遅すぎるけど戌の日のお参りしてきた。
いま妊娠5ヶ月過ぎたんかと思って確認したらもう23週だった。
来週には7ヶ月に入るんだってさ、と、どこか他人事に思ってしまう。
5ヶ月に入った一番最初の戌の日に帯を巻いてくださいと寺の人に言われるも、
最寄りの戌の日は今月の24日だ。私の誕生日だ。

同じ日、眼科にも行ってきた。
緑内障の今後の治療についてとか、ちょっとした方針を決めてきた。
眼科医的には早めに断乳して治療再開が望ましいらしい。
私は特に母乳にこだわる気はないんだけど、
やっぱり出ればそれはそれで楽だし(哺乳瓶洗ったり消毒したりすんの面倒臭い)、
まーどーにかなるか。
まだ産まれてもないから産まれてから考える。


先週は娘のインフルエンザ予防接種の2回目にも行ったのだった。
それはそれは、嫌だ帰る注射嫌嫌泣き叫び暴れるから、
旦那がわざわざ半休取ってくれた。
娘を取り押さえ、なんとか看護師と3人がかりで終えた。
私では太刀打ちできないから、もう人に頼る。
ひとりで娘を満足に注射にすら連れていけないのかとか、
脳内の、私をあらゆる場所から突き落とそうとするよく分からんものに
「あっそ。」と返せるように少しは出来るようになってきた。
だって出来ねーんだもの。
出来ねえのに出来るフリして許容量超えるくらいなら、
やらない。

専業主婦が社会から隔離された視野の狭い存在だとかそういう類にも
「あっそ。」と思うようになった。
私きっと、専業主婦でなくても視野狭いんだと思う。
狭いからこそ社会がどうとか気にしなければならない風潮のこと、
どうでもいいと思うようになってきた。
私の世界はここにあって、これでいいから、これでいい。
社会と繋がってたって、阿呆は阿呆のままだし
そもそも社会って何なんだろう。
何を指して社会から孤立というんだろう。
と、娘がそろそろ「社会性を身に付けるお年頃」になってきたから、
あーあ娘はこれから大変だなあ、と思っている。

私個人としては、このまま誰とも関わらず孤立していたい。
けど、母親としての役割を果たさねばならんから、
それは駄目なんだよ。だからしんどいんだね。
だから欲しくもない母親同士のネットワークとかを手に入れねばと、
私らしくもなく焦ったり不安になるんだわ。

これを牛耳っているのは一体誰なんだろう。

と、電車に乗ると誰もが同じようにスマートフォンをいじっていて異質だから、
星新一の話にありそうだなあ、と思いながら考えていた。
社会性を持ち社会と繋がらねばならないと常に慌ただしく規則正しく、
とても立派な社会人たちが電車に乗っている。

私はこの致命的な思考回路を、恥じながら生きるつもりはないよ。
そう思った。

もうすぐクリスマスですね。
ハッピーメリークリスマス!(なにがハッピーやねん)

そういや私、ついにしまじろう系にも手を出したよ。
この前、しまじろうたちのクリスマスコンサート行ってきた。
娘はライオンの像が急に動いたところで泣いたよ。
グッズ販売の価格設定が鬼畜極まりないね。

あと、梅田スカイビルのクリスマスマーケット行ったよ。
中之島のイルミネーションも御堂筋のイルミネーションも見に行ったよ。
御堂筋のを見たときはずっと右翼の車が爆音で音楽流してたから、
ものすごくカオスだった。
千里中央まで太陽の塔の3Dマッピングも見に行った。
岡本太郎をオマージュしているようだったから、
娘にはちと刺激が強かったみたい。
瞬殺で「帰る〜!」だって。だからすぐ帰った。
たしかにあの五感すべてに染みこむ不快感は本能に訴えるなにかがある。
娘はまだ子どもだからもっと感じただろうなあ。
音楽も不協和音を使っているところが多かったし、
色彩も岡本太郎的だったから、さぞ気味悪かっただろうなあ。
そういやうちのけっこう立派な太陽の塔フィギュアの部品が無くなってた。
どこいった。

センチメンタルまさよし

今日は健診日だった。

胎児は相変わらずよく動いていた。
性別はまだ分からなかった。
そして何より良かったのは、今日から腹部エコーになったこと。
もう、しばらくはあの下半身裸という滑稽な状況にならずに済む。
そして股を広げなくて済む。
エコーでみる胎児は、非常に明快に確認できた。
横顔がきれいな曲線で、ほんとうにきれいだった。
おなかの丸みも見えた。ほんとうにまるかった。

娘は非常に分かりやすく赤ちゃん返りしている。
今でこれだったら産後どうなるんや、と若干危惧している。
「◯◯(娘の名前)赤ちゃんになった」
「ばぶー、ばぶー」
と、自分で名言している。なんやそれ。
まあええわ、可愛いから。

しかし可愛いと思うときはより可愛くみえるのに、
余裕が足らないときは、私苛々しやすくなった気がする。
単に感情の波が荒くなったという感じ。

いまFNS歌謡祭見てるんだけれども、
AKBと谷村新司が赤鼻のトナカイを歌ってる。
ただの変態チンペイプレイにしか見えん。
なんやねんこれ。店でやりなはれ。
アイドルが歌うクリスマスソングに若干苛々しています。
そして私の中ではエグサイル系統はすべてアイドル枠に入ることになってる。
HIROっていう人とUSAっていう人と松本利夫っていう人以外はアイドルだと思う。
USAっていう人は表記を変えたとかスッキリで言ってた。
どうでもYEAH〜わ。

それにしても、
街中で流れるクリスマスソングにはちょっと心がワクワクする。
ケンタッキーフライドチキンの前を通るだけでもちょっとワクワクする。
そしてなぜか、山崎まさよしの歌唱に心乱される。
あの人は一体なんなんだ。
私の一体何なの。
なんというか過去からドバッとすんげえ勢いで荒波がやってくる。
中学生の頃憧れていた家庭科の先生に似ているからという理由がしっくり来るんだけれども、
それにしてもこれ、
この東映の字幕の後ろの荒波みたいなのが頻発するとやる気削がれるから嫌だ。
なにもやる気おきなくなる。
過去にさらわれて空っぽになる感覚というのかなんというのか、
なっかなか現在に適応できなくなるのが嫌だ。
ああ嫌だ嫌だ。
ただの現実逃避です。


そういや今日、
エコー待ちしてるとき他のベッドから胎児の心音が聴こえてきた。
物凄い速さのあの音、
「いやあ〜懐かしいなあ〜」みたいな、先輩ママぶった感慨はないけれども、
(つうか先輩ママってなんやねん)
心が穏やかになる反面、ものっすげえ感情が絡まるのだった。
子どもがひとり生まれるまでの軌跡にじわ〜っと来ると見せかけて、
不安と恐怖と逃げたい気持ちが絡まってくんの。
ああいやだいやだ。

娘、浜田ばみゅばみゅが好きなようで、
なんで〜なんで〜なんでやねんねんねんと歌いながら全力で踊る。
娘はエキセントリック少年ボウイなんて知らんと生きていくんやろなあ。


数日前のできごとを鮮明に記憶しつづけている娘ってすごいと思う。
今日も風呂あがりに突然、数日前の一時保育でのできごとを語り出した。
単語を必死にくっつけて、どもったりとまったりしながら、
なんとか私に伝えようとしていた。

そういや旦那がたまに「お前〜」とか言うのを覚えたようで、
昨日突然娘から「お前のせいだ〜」って言われた。
今日も「今日は母ちゃんおるから腹立つな〜」って笑顔で言われた。
意味わからん。

次回は、(覚えていたら)
娘の謎の友達、かよこちゃんについて書きます。

礼服困る

もうすぐ20週になる。
体調は若干不調ぎみになることが増えた。

微妙な不快感といえば、
胃痛、不眠、頻尿、乳の張り、そしておりもの。
たまにビビるのが軽い腹痛のようなもの。
風呂上がりにはよく胎動があり、横になるとさらに増える。
胎動がきっかけで尿意を感じることも増えてきた。
甘いものが無性に食べたくなる。
その代わり食事は野菜多めの和食になった。

娘、昨日やっとインフルエンザの予防接種受けてきた。
10月に受けたかったのだけれど、体調崩しがちだったので今年は遅め。
そして副反応が出た。
注射痕を中心に直径10センチくらい腫れている。
去年も出たような気がする。
2、3日様子見。
でも今日は一時保育に行った。
なにかあったらすぐ連絡下さいと言って私は家でブログ記事書く代行。
月に5000円くらいにしかなんねえの。
娘の通帳に振り込んでもらってる。
娘の一時保育は月およそ18,000円。
かなりカツカツの資金繰りだけれども、
金の問題じゃないんだわ、娘に集団生活慣れてほしい目的。
来年もこの調子だと一時保育通いになりそう。
幼稚園途中入園とか出来るといいなあ。
しかし市内でも子どもが多い地区なのに幼稚園少なめなので
無理かもしれない。
この先どうすりゃいいんだと考えてたら禿げてきた。
住むところも決まらない。
物件が出ない。

今週末、やっと七五三の写真撮ることにした。
娘の髪型がいかんせん懸念されるけれど、なんとかなるか。
着物はレンタル。
当日決めなければいけない。
出来れば昔ながらの柄で、
色は朱色がいいなあ。
ベッキーデザインとか派手派手しいのは嫌だなあ。
て、思っくそアリ◯です。
アホみたいに金搾取されてきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。