人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆりこといぬ

娘の頭の中の一家に、また1人登場人物が増えた。
こんどは「ゆりこちゃん」だ。
かよこちゃんのきょうだいで、かよこちゃんより声が小さいんだって。

そして昨日の娘、
風呂上り歯みがきしてすぐ居間で寝てしまったのだけれど、
眠る間際に「かよこちゃん、◯◯(娘の名前)のこと忘れてしまうんかなあ」
と、ぼんやりと言っていた。
内向的な部分にますます拍車がかかってまいりました。
盛り上がってまいりました。

先週末、遅すぎるけど戌の日のお参りしてきた。
いま妊娠5ヶ月過ぎたんかと思って確認したらもう23週だった。
来週には7ヶ月に入るんだってさ、と、どこか他人事に思ってしまう。
5ヶ月に入った一番最初の戌の日に帯を巻いてくださいと寺の人に言われるも、
最寄りの戌の日は今月の24日だ。私の誕生日だ。

同じ日、眼科にも行ってきた。
緑内障の今後の治療についてとか、ちょっとした方針を決めてきた。
眼科医的には早めに断乳して治療再開が望ましいらしい。
私は特に母乳にこだわる気はないんだけど、
やっぱり出ればそれはそれで楽だし(哺乳瓶洗ったり消毒したりすんの面倒臭い)、
まーどーにかなるか。
まだ産まれてもないから産まれてから考える。


先週は娘のインフルエンザ予防接種の2回目にも行ったのだった。
それはそれは、嫌だ帰る注射嫌嫌泣き叫び暴れるから、
旦那がわざわざ半休取ってくれた。
娘を取り押さえ、なんとか看護師と3人がかりで終えた。
私では太刀打ちできないから、もう人に頼る。
ひとりで娘を満足に注射にすら連れていけないのかとか、
脳内の、私をあらゆる場所から突き落とそうとするよく分からんものに
「あっそ。」と返せるように少しは出来るようになってきた。
だって出来ねーんだもの。
出来ねえのに出来るフリして許容量超えるくらいなら、
やらない。

専業主婦が社会から隔離された視野の狭い存在だとかそういう類にも
「あっそ。」と思うようになった。
私きっと、専業主婦でなくても視野狭いんだと思う。
狭いからこそ社会がどうとか気にしなければならない風潮のこと、
どうでもいいと思うようになってきた。
私の世界はここにあって、これでいいから、これでいい。
社会と繋がってたって、阿呆は阿呆のままだし
そもそも社会って何なんだろう。
何を指して社会から孤立というんだろう。
と、娘がそろそろ「社会性を身に付けるお年頃」になってきたから、
あーあ娘はこれから大変だなあ、と思っている。

私個人としては、このまま誰とも関わらず孤立していたい。
けど、母親としての役割を果たさねばならんから、
それは駄目なんだよ。だからしんどいんだね。
だから欲しくもない母親同士のネットワークとかを手に入れねばと、
私らしくもなく焦ったり不安になるんだわ。

これを牛耳っているのは一体誰なんだろう。

と、電車に乗ると誰もが同じようにスマートフォンをいじっていて異質だから、
星新一の話にありそうだなあ、と思いながら考えていた。
社会性を持ち社会と繋がらねばならないと常に慌ただしく規則正しく、
とても立派な社会人たちが電車に乗っている。

私はこの致命的な思考回路を、恥じながら生きるつもりはないよ。
そう思った。

もうすぐクリスマスですね。
ハッピーメリークリスマス!(なにがハッピーやねん)

そういや私、ついにしまじろう系にも手を出したよ。
この前、しまじろうたちのクリスマスコンサート行ってきた。
娘はライオンの像が急に動いたところで泣いたよ。
グッズ販売の価格設定が鬼畜極まりないね。

あと、梅田スカイビルのクリスマスマーケット行ったよ。
中之島のイルミネーションも御堂筋のイルミネーションも見に行ったよ。
御堂筋のを見たときはずっと右翼の車が爆音で音楽流してたから、
ものすごくカオスだった。
千里中央まで太陽の塔の3Dマッピングも見に行った。
岡本太郎をオマージュしているようだったから、
娘にはちと刺激が強かったみたい。
瞬殺で「帰る〜!」だって。だからすぐ帰った。
たしかにあの五感すべてに染みこむ不快感は本能に訴えるなにかがある。
娘はまだ子どもだからもっと感じただろうなあ。
音楽も不協和音を使っているところが多かったし、
色彩も岡本太郎的だったから、さぞ気味悪かっただろうなあ。
そういやうちのけっこう立派な太陽の塔フィギュアの部品が無くなってた。
どこいった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。