人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国ホテルのあの部屋で

おおっと、もう8月も末ですかそうですか



先日、無事おかあさんといっしょスペシャルステージのライブビューイングへ行く。
開始15分ほど前から劇場にて待機してみて、
暗闇に慣れるかどうか、静かに出来るかどうか、チェックする。
娘、ずっと私や旦那の上に座っていたので、特に問題なく鑑賞。
後半になるとやっと場に慣れ、ニヤニヤしたりしていた。
今週末はついに生たくみ、生りさやで・・・・・・・・ぐへへへ・・・・・
正直・・・せいやくんは・・・いらんねんワシ・・・
なおちゃんがおったらそれでええわ・・・・
娘は意外にもシュッシュとポッポが好きなよう。

嗚呼、2年前、昨年のスペシャルステージが良かったので、
今年はどんなのよ!!?と期待パネエかったけど、
・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


しかし生よしお、楽しみなのである。


フライヤー買った。
最近娘は揚げ物が好きなので、買った。
唐揚げ、海老フライ、魚のフライ、だいたい食べてくれる。
野菜はトマトしか食べない。白米は安定して食べる。
そんな感じです。



娘、にゅるんにゅるんとした単語は発する。
が、語尾が必ずしゃがれ声になり、「ェェ・・・・・」て言う。
つうかなんか娘、ハスキーボイスな割合が高い。

最近毎週末海遊館に連れて行ってる。
つうのもずっと「ぺーぴん!ェェ・・・・」つってるから、
ああ、好きなんかな、と思って連れて行ってる。
年間パスあるからな・・・使わな損やで・・・・

しかし毎回入口で受付のおねいちゃんに「いつもありがとうございます」と言われる。
なんか、「元取ってもしつこく来はって、あさましいえ~」と、
いけずな京女がおねいちゃんの心の声を脳内再生するようになった。
(私は京の女性の「〇〇え~」という言い方にゾクっとする。)
旦那共々、「あれぜったい、京都やったら二度と来るなっていう意味やで」と、
京都の人を誤解するのも大概にせえ、というようなことを言ってる。
すんません。

そんなこんなで、娘はずっと、
「ぺーぎん!ェェ・・・」と言い、
すぐさま「ぶるぶるぶる」と言いながら首をぶんぶん振ってペンギンの真似をし、
さらには「らっこほ!ェェ・・・」と言い、
すぐさま「かいかいかいかい(痒い痒いの意)」と言いながら腹などを両手で掻く真似をし、
そして「いぅか!ェェ・・・」と言い、
すぐさま両手でスイスイと泳ぐイルカを模写し、
今週末からは「ぇい(エイの意)」と「とと(魚の意)」もデビューした。
なんつうか、娘は博愛やで。興味のある生物にはやけど。博愛やで。

あと、決して2語文ではないんだけれど、
娘、「わんわんで~す」をたどたどしく真似することがある。
わんわんことチョー氏の、「いつも元気なわんわんで~す!」を真似る。
が、それだけなのである。

あ、そうそう、
娘の愛称は基本的に名の一文字目を伸ばす感じなのですが、
(例えるならば「あーちゃん」みたいな感じ、ここでは「あーちゃん」を使用します)
私がよく「これあーのやね。」とか言うのを真似るようになった。
自分で、リモコンとかを「あーの!ェェ・・・」とか言ってんの。
けっこう可愛いわ・・・・・・
「あっちぃ!!ェェ!」とか、キレながら言うこともある。
あっち、こっち、は、なんとなく言うようになった。


昨日、旦那がふと

「ぼんちゃん、「ペンギンェ・・・」て言うてるみたいやな、
〇ちゃん(某巨大匿名掲示板)の「〇〇ェ・・・」みたいやな・・・ブフッ」

と言ったので、私の脳内では娘の発する単語がなんつうかぜんぶ、
〇ちゃんねるフィルターが掛かってしまうんだわ・・・・
今日トトロを観る娘が発する
「ェェ・・・トトロェ・・・」とか、
「め~ぃちゃ~ェェ・・・」とか、
「あぅこ~あぅこ~ェェ・・・」とか・・・・・・・・・・
どないしよ・・・笑てまう・・・・

あと、
それってもしかして・・・となんとか理解出来る単語も追加された。
・しぃご~(信号)
・こぉーき(飛行機)
・ぴーぴ(キューピー)
・よーぐとぅ(ヨーグルト)

いまだトトロ熱は冷めない。
昨日、トトロが刺繍された靴下2足買った。
かなり気に入ったよう。

我が子には友達がいないので、
旦那と共に行動出来る週末、商業施設内にある遊び場みたいなところへ行くことが多い。
つっても30分未満とかそんくらい。

イオンだと有料のところ、先日行ったんだけれども(中には旦那同伴)
最初の10分ほどは旦那にくっついていた。
が、段々と場に慣れると、自ら他の子へ寄っていくこともある。
また、優しい年上の男の子に相手してもらえることもある。
たぶん妹がおる子なんやろね。えらく慣れたようすだった。
たまにいけずな女の子に押されたりしてるけど、
すんげえ優しい女の子に構ってもらえることもあるので、良い。
お盆にもとある商業施設のところへ行き、
先週末も義母のお見舞いがてら行き、
短時間だけだけれども娘はちょっとだけ世界が広くなる。

なんつうか、子どもの世界にはそこの流儀っつうもんがあるんだろうね。
娘が頭打つレベルで転倒するとか、そういうのじゃなければ、
極力私は関わらないように見守りたい。
私が行くと、どうしても過保護になるからアレだ。
幸い旦那はすすんで娘を連れてそういう空間に飛び込んでくれるので、
非常に助かる。
私も、目の前にいるとはいえ、娘から離れられる時間なので有り難い。
見えなくなると不安だけれど、
旦那を連れだって娘がいまどんなふうに過ごしているのかが分かるのは、
精神衛生上、非常によろしい。
が、娘がもっと大きくなって、保育園か幼稚園に行くようになる頃には、
もっと子離れ出来るようになるといいな、と思う今日この頃。
今しかベッタリ出来ない、と思える時もあれば、
頼むから私から離れてよ、私を1人にしてよ、と余裕のなくなる時もある。

元タカラジェンヌの大和悠河さんの誕生日会いまテレビでやってるけど、
・・・・すんげえラグジュアリーよね・・・・
しかも帝国ホテル住まいだなんて・・・・

ああ、脳内で野宮真貴が
「さくら~さくら~帝国ホテルのあの部屋で~
私の恋は散りぬるを~」つってる。

「あれは19の春のこと
桜吹雪の頃のこと
帝国ホテルのあの部屋で
私は恋を知りました
さくらさくら
いろはにほへと」

て、三十路になるとどうもエロいことしか想像出来なくなったわい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。