人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

2015年07月の記事

コメントの返事がしたくて〜2015・盛夏〜

日本には四季がある。

節目ふしめに四季折々の風景や匂いなどが身体を包み、
それを吸い込み、吐き出し、眺め、五感で味わうのだ。


蝉の声を聞きながら、
もう夏が始まったのだと、始まってしまったのだと気付く。


思えば冬が終わると、
春はあっという間だった。




お前どういうつもりやねん季節が2つも終わったやんけ、
季節2つまたぎってどういうことやねん、
ドラマ2クール終わっとるやないかほんまに、
っちゅうはなしですほんま、
相手が亀田興毅やったら私はボッコボコにされてます。


コメントのお返しが恐ろしく遅くなってすみません。
そしてこのようなブログを見捨てずに読んでくださって、
本当にありがとうございます・・・!







以下コメントのお返しです


拝啓

もえ様
のあのあ様
にゃんちゅう様
とり子様
糺の森様


続きを読む

スポンサーサイト

 うんこだろうとうんちだろうとどっちだっていいじゃないかうんこだものそんな私はクソ

娘がトイレットにて排便することに快楽を感じはじめている。

誰が言っているんかしらんけど、

「人間がトイレで排便する快感は
生まれてはじめて感じる性的快楽と言ってもよい」
的なやつな。

いや、誰もそんなこと言っとらんか。
どこかで読んだ気がしたもので、ねえ。

MINMIが「出産って最高のエクスタシーやと思う☆」つってるのと同じくらい
「なんなん自分何言ってるか分かんねえなあもう」事案である。

とにかく娘がはじめてのトイレにて排便っつうのに成功してから、
あっちゅう間に排便はトイレっつう習慣を会得しかけている。

ほんで私も布のおぱんてぃーに付着した多量の排泄物を洗うっていう作業を
やっと面倒に感じなくなってきたので、
トレーニングパンツにパッドを装着させるのもやめた。
銭も浮くし萬田はん、やったもん勝ちでっせ。
面倒くさいからトイレトレーニングやってなかったけど、
面倒な事にやっと慣れたで私、
適応能力低い私が、やっと慣れたで。

それから私は娘の幼稚園どうすりゃええんや問題と、
引っ越しいつどのタイミングにすりゃええんや問題に脳がやられている。
思考停止しまくりよ。

そういや「人間関係を急にバッサリ切る奴ってなんなの死ぬの?」的なものをネットで読んで、
それわしやん・・・と前のめりになった。
もうこれ病気やね。人格障害か発達障害かキチ◯イかしらんけど、
私そのまんまでびっくりした。
つうか同じような人がけっこういてびっくりした。

中学生の頃の友人は高校進学とともに、
高校生の頃の友人は1人を除いてフリーターになったとともに、
それからまともに人間関係築けてないな。
仕事となればなんとか付き合いは保てていたけれども、
今はもうそんなことも出来る気がしない。

もうどうやって人と関わったらええか分からんようになってきた。
4年も無職引きこもり専業主婦してると余計にそうなってきた。
なんとかせなあかん!と前向きに取り組むも、
突然すべて切って逃げたくなって、結局逃げまくってる。

という状況がまた好転したら、
せめてインターネットのなかの世界やブログのなかだけでも
継続していきたいと思う。
ほんまこんな腐れ外道ですんまへん。

このまえ、旦那の実家近くでお祭りがあった。
娘は金魚すくいが好きらしく、5匹も持ち帰ることになった。

間近であがる打ち上げ花火の音に恐怖した娘は泣き叫び、
花火をみることなく家に帰った。
帰り道に10時まで営業しているホームセンターに寄り、
車内で眠る娘と袋に入った金魚を手に待機する。
旦那はササッと水槽やら諸々を買ってきた。

最初は元気だったものの、
白点病っちゅうやつに罹り、4匹が死んだ。
娘に死の概念を伝えるのは難しい。
残りの1匹は引き続き薬浴治療中だけれども、
こいつも死んでしまったら悲しい限り。

てな具合です。

娘がトイレでうんこ出来たので、
ご褒美にキュアスカーレットのおもちゃ買った。
なんつうか旦那が一番欲しがってた。
つうか私はトワイライトの髪色のほうがよかった。
キャラデザがあんまりしっくりこない。

そういや・・・ぐふふふふ・・・

娘の誕生日に私、プリキュアの絵を描いた。
誰にも見せる予定もないからブログに残しておこう。
けっこう巨大になってしまった。



そしてフローラに時間割きすぎでトゥインクルがおざなりに。

おざなりなのかなおざりなのか、どっちなのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。