人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

2015年06月の記事

3

娘が3歳になった。


あっという間に3歳になってしまった。


私はと言えば、すっきりせず、ずっとモヤモヤとしている。
やり残したことばかりが毎日蓄積されていて、
ずっと焦ってる。

娘のことを事細かに記録していきたかったこのブログも
なにもやる気が起きなくなってからパソコン立ち上げるのも出来なくなって、
このザマだ。

お酒がやめられなくて、それが原因で苛々してまた酒飲むっつう、
なんつう言い訳やねん、っつう、
相も変わらず意識低い系の私です。

意識高い系のもので溢れ返っているそこかしこ、
目に入るだけでしんどい疲れる。
なんやねん意識高い系て。



すこしだけ娘のはなし。

なんとかトイレトレーニングはじめる。
3歳の誕生日から私は本気を出した。
排尿成功確率は7割くらいか。
排便はいまだパンツイン。
でもまあいいか。
そのうち、なあなあ、という具合です。

プリキュアオールスターズにハマりだした娘と私。
誕生日の日なんかは太秦映画村にプリキュアオールスターズが来るっつうもんだから
連れて行って見に行った。
遠方のみさき公園っつうところにも見に行った。
そしたら両方で同一人物を数名発見した。
おおきいおともだちだ。
彼らの熱量、本気度、生きる意味、
すべてが眩しくてちょっとうれしくなった。
私もそんなふうになりたい。


娘は相変わらず慎重で常時抱っこを求め、
外見は3歳でも中身は幼な過ぎる。
そういうことやああいうことやなんやかんや、
私は自分のやり方が間違っていると言われているようで息苦しい。


でもやっぱり、
娘に対しては感謝の意が強い。

苛々するけれども、腹立つけれども、不安だけれども、
とにかく、3歳を迎えた娘に言いたいのはやはり、ありがてえ、ということだった。

娘だけだ。
私を本当に必要としてくれて、生きてていいんだよ〜、と言ってくれるのは。
いや言わんけれども。

自分、もうちょっと生きなければと思えるのは娘のおかげなのだった。



この夏に着る服も着たい服もない。
若作りみたいでキモいけど、
バンドTシャツ着てジーパン(くどいけどデニムとは言わん)穿いてりゃなんとかなるか。



広瀬すずが性格悪かろうがどうでもいい、
あの子可愛いなあ。


最近風呂上がりのすっぴんがイッコーに似てきた。
メガネにしたら假屋崎省吾みたい。

私女なのにカマみたいになる。

でもキレイなカマみたいにはなれないのだった。


きったねえカマみたいな女だなあ私。
せめてキレイなカマにさせてくれや。



年明けあたりに家を買うかもしれない。

娘が新しい環境に適応できるのか不安。
つうか私がか。
私のほうが慣れるのか不安だ。

不動産屋の若い子は、
横から見たらミッシェルガンエレファントのチバユウスケみたいにペラッペラだった。
シュッとした若者って、ああいうのを言うんだな。
きったねえカマからすれば、羨ましい限りだよ。

きったねえカマとか言って悪かったけどイッコー、
最近お太りあそばされてからもっぱら着物だ。
でも色気を感じないのはそういうことだからなのだろうか。
私が着物着ても色気もクソもないんだけれども、
やっぱり私はきったねえカマなのかな。

明日は娘、日本脳炎の予防接種だ。
いやだなあ病院。
娘もいやだろうけど、娘の阿鼻叫喚と私の絶望がつらい。
平常心で何事もこなせられたらいいのになあ。


コメント、ほんまにすんません・・・・
もうちと落ち着いた暁には必ず返事させてください・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。