人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

カテゴリー "1歳9か月~11か月" の記事

雨は降らないらしい

お気に入りに田代まさしのブログがあって、
あーあ、まーた私酔ってよく分からんもん読んでたんだなあ、とか思ったら、
なんかもうすんげえ無駄な時間過ごしてるよなーと、
うっかり気持ちが灰色になった今日この昼下がり。

娘はやはり夜中から明け方にかけて熱が出る。
ずっと下痢。
しかし元気は元気。
昨日からもう何十回もいないいないばあのコンサートみたいなやつ(録画)を
見ると言って聞かない。
今日すでに7回は再生している。
見飽きた。

ごはん何を作れば良いのか全くわからない。
なぜか焼うどんにしようと思い立ち、作るも娘は2口だけ食べて「ないない!」と言いやがる。
はいはいああそうですか!せっかく作ったのに、と、

ああもう、言いたくないわーこれ。

せ っ か く 作 っ た の に ! 

というすげえ押し付け。
娘にしてみれば作ってくれと頼んでもないのに、
勝手に作って勝手に怒るキチ〇イやで私。

ということを、娘が昼寝している間に思い返し、反省している。
・・・あんまり反省してないけどな。

最近めっきり支援センター行かなくなった。
そして最近公園にも行ってない。
今日は雨が降ると思い朝にスーパー行ってそそくさと帰ったので、
外出はもうしない。
今日は旦那出張なので、この調子で明日の夜までこの家に2人きりかあ・・・
とか思うと、いっきに気が重い。
いやいや外出ればよろしいやん、と思われる事案。
私、ほんとに家の中にいるのが好きなので、
正直、出たくないんよね。
せやけど娘の為にはやはり外出はせんといかんし
買い物だってせんといかんし、
つうか今は娘下痢やから無理せんでいいか、という逃げ道があるけれども、
それでも自分で決めた「もう無理して外出しない」ということも、
不安で不安でたまらなくなったりする。

とか私が勝手にネチネチしているあいだに娘、
もうすぐ2歳になってしまう。
ああ、どうしよう、
私のほうが心の準備出来ていなくて、
もうむしろ2歳になられたら困る!つう勢い。
私、まだ2歳の母親になれるほどの器、ないで!
無理無理!とか、
この期に及んでまだ逃げ腰。

2歳の誕生日、
皆さまにおかれましてはどんな料理を食べさせましたでしょうか。
・・・つうか娘、下痢が続いていたら何食べさせればええんや・・・・・

おかゆでいいか娘・・・・
もう、ええやん・・・・おかゆで・・・
考えるのが面倒臭くなってきた・・・・・・・
なんだか・・・・・眠くなってきたよ・・・・・・・


昨日も2時間おきくらいに泣き喚いていたので、
私はもれなく睡眠不足となり、苛々しやすい。
つうかガキか私は。


ほんで雨降るて言うてたのに、降らんのかい。
いつ降るんや・・・・・・
晴れてたら、なんかもう罪悪感がすげえんだわ・・・・
晴れてるのに娘を家に閉じ込めてる・・・みたいな・・・
いやでも今は娘下痢やからやな・・・とか、
そういうことも言い訳に聞こえるくらい、
私の中に暴走列車と化したはた迷惑な熱い奴、松岡修造が覚醒している。
「遊びに行けよ!!!晴れてるじゃないか!!気合いもっと入れろよ!!」
と、娘の体調や私の気持ちなんかおかまいなしに、
松岡修造に追い込まれてる。

とかいって私、なんでもかんでも松岡修造のせいにしようとしてる。
うえーい、責任転嫁すげえ!

つうか「責任転嫁」に嫁っつう漢字が混ざってるんやけど、何で・・・・?
私・・・何かした・・・・?


そういや最近の若者はバンプオブチキンを知らんらしいじゃないか。
天体観測も聴いたことないんやろか。
スノースマイルもないんやろか。

今どきはやっぱ、あれっしょ。

SEKAINOOWARI!

つうか深瀬氏が「今どきまだギター使ってんのwww」的な発言をしたと知り、
うえーいwwさすがSEKAINOOWARIwwwwww
とか若者っぽく小馬鹿にしたものの、
インターネッツでその旨読んでみたところ、あかん・・・・
すげえ厨二病だ深瀬氏・・・・・・・・・・!!!!!!
ほんでB’Zの松本氏が過去にギターについて良いこと言ってるのも書いてて、
わたしゃB’Zとか聴かないけど、惚れたわ!!

ああああああ
SEKAINOOWARI嫌い過ぎて、
ついつい粘着してしまう・・・・・!!!!
こんなことに頭使う余裕あったら、誕生日の準備せんといかん!!!!!
うわああああああああああああああああああああああああああ!!
スポンサーサイト

私だって富澤みたいになりたい

先週の土曜日の朝、旦那は飲み会から帰ってきた。

金曜日の夜からぶっ通しで朝まで、飲まされ続け、すごい状態で帰ってきた。

なにやらビッグプロジェクトがどうの、とにかく旦那が担っていた役目は
それはそれは凄いものだったそう。

自分の旦那を良く言うのもアホだけれども、
本当に旦那は、どんなことでも完璧に出来るのである。
なんつうか、マジでなんでも出来る、完璧超人なのである。

しかしそんな完璧超人である旦那が、キン肉マン初期のジェロニモになった。
(あ、ジェロニモは人間やから初期は超人になれなかったズラ!)

朝に意識朦朧のなかタクシーで帰ってきた旦那は、
あまりにも周囲の人間が馬鹿過ぎて、泣いたのだった。

普通、社会で働く身であれば、
そして何年も後輩である旦那が圧倒的に仕事をこなすならば、
プライドがくすぐられるはずだろう。
だのに、彼らは
「さすが〇〇君やなあ!」
「〇〇君に訊いたらいいわ!」と、
全てを旦那の肩に背負わせ、いわば依存されているのだ。

ほぼ全ての人間に依存され、家に帰っても私と娘に依存され、
旦那は袋小路の中にいたのだった。

私は今までの人生、誰かに依存しているだけだった気がする。
仕事上依存されたことはあったけれども、きちんと私は逃げ道があったし、
(最終的には荷が重すぎて仕事を辞めたし、)
「自分には出来ない!」と、逃げることが出来ていた。
が、旦那にはその選択肢がないのだ。
なぜなら、「出来てしまうから」、だ。

私は旦那のこのハイレベルな涙に息が止まりそうになった。
旦那の頭を撫でても、手を握っても、なにも共感できないのだった。
大変だな・・・とか、大丈夫かなこの人・・・いや大丈夫じゃないよな・・・とか、
そういう心配は物凄くしているものの、
なにひとつ、「分かる~!」と感じることが出来なかったのだった。

私は出来の悪い依存する側の人間で、
旦那のように「出来てしまう人間」の苦悩など、
今まで考えもしなかった。

旦那の苦しみ、孤高を持する生き方、無限なようで限界が見えた旦那の対バカ受容力。

私ははっとした。

私はきちんとしなければ。
私まで旦那に依存したままでは、いつか旦那は本当に崩壊する。

そんなこんなで旦那は土曜日、泥のようにうなだれ、眠り続け、
なんとか晩ご飯は一緒に食べ、食後はまた床に行く。

日曜日、娘が毛布を頭から被って走り回る。
危ないってあんた、と言う間もなく、娘用の台所の角でデコを強打。
一瞬、打った部分がへこんだ。

「へっ?へこんでない?なにこれ?へ?」と、
私はあまりにもな状況に笑ってしまった。どうしようもないから。
旦那は冷静に、患部を観察し、心配な表情。
私、こんな場面でも自分の「人間の出来てなさ」を実感。
私、出来てねえ。なにひとつ出来てねえ。


そして週明け月曜日から今日まで、
驚くほど私は苛々している。
PMSうんぬんと思い悩んでいた時期と互角、
むしろそれより上かもしれない。

何に苛々しているかと言うと、
もう、娘の「何言ってるか分からない」加減がパネエこと。
娘もうすぐ2歳、だのにマジで何言ってるか分かんねえんだわ。
最初は「何?〇〇?〇〇のこと言ってる?〇〇する?」とか、
娘から出される微量なヒントをもとに、私は必死にプログラミングする。
けど、もうそれも限界なんだわ。
しんどいんだわ。
何言ってるか分かんねえんだわ。しんどいわ。

ええかげんしゃべれやああああああああああクソおおおおおおおおおおおおおおおお
うわああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああ

って、なる。

で、「何!?は!?分からん!」とか、普通に言うようになった。
「あーもー鬱陶しいなあ!」とか、普通に言うようになった。
今日なんて、うんこしたのに一向にオムツを替えさせないもんだから
「ほんなら勝手にしろや!一生そのままでおれや!」と、寝室に軟禁した。
正気じゃないわ私。正気の沙汰じゃない。

もう、自分の限界が見えてきて、
そんでその限界っつうのがすんげえ短小で、
自分で呆れる。
自分のちっささにただただ溜息。

私はこの時、心から富澤になりたいと思った。
富澤とはサンドウィッチマンの右の人。
「ちょっと何言ってるか分かんないっすね」とよく言う人。

私だって富澤みたいなノリで、娘に言いたい。
ちょっと何言ってるか分かんないっすね、と。

私は娘の言葉を分かろうと分かろうと、それはそれは必死に、
見苦しいくらいに必死に、全神経を研ぎ澄ましている。ずっと。
けれどもそれが保持出来なくなった瞬間、
ほんとにひどい。
ひどいひどい。

そして今月のこの感じ、生理前だな、と思う。
この病的な苛々、自制が効かぬ感じ、これあかんやつや。

なんで女って、生理だけにとどまらず、
こういうホルモンバランスの変化が目に見えるんだろう。
吹き出物しかり、便秘しかり。
ほんといやになる。

娘を軟禁、と言っても、すぐに襖を開けた娘。
ほっとした反面、本当に娘をどこかに閉じ込めたい衝動に駆られたのも事実。
それくらい、私は追い詰められた気がする。
何に追い詰められているんだろう。
娘は娘、いつも通りなのに。
明らかに私がおかしい。

五月みどり

気が付けば大型連休(4日間)は終わっていて、
さらに気が付けば週末が終わっていた。
なんなんまじで。早すぎるんやけどどういうことなん。

大型連休(NHKぽく言ってみている)はと言うと、2泊3日を義実家で過ごしていました。
ほぼ大自然に囲まれた公園や道の駅や、靴下市や、なんというか、
とりあえず自然に触れる時間が多かった。
大きな公園(それはもう大きな)や、とにかくなんというか、
娘はほんとうに丈夫だ。
足場の悪い道をずんずんずんずん、小虫や空からぶら下がる毛虫や蝶や、
なんというか、虫という虫を恐れずにずんずんと前へ進んでいく。
坂道が好きで特に上り坂が好き。

私は というと、
義母のナチュラルな、なんというか森ガール的な、
つうかなんつうか、今流行りのディズニー映画のテーマソング的な、
ありのままで生きることのできる義母に翻弄される場面はあるものの、
徐々に耐性を付けながらの宿泊。
なんつうか私は言いたいことを言えない反町隆史みたいな嫁(ポイズン)なので、
義父母のほうもきっと気を遣いつつ、
なんつうかゆるやかにギクシャクしている感じ。

そんなこんなで母の日はデンドロビウムを贈った。
喜んでくれて良かった。
私の母にはイヤリングとネックレスを贈った。
私はアクセサリー屋にはまあ用事が無いと入らないので購入も緊張したものの、
夏らしい、黄色とゴールドがメインの花モチーフのものを選ぶ。
今年、流行しているらしいんですって奥さん。ご存知?
私は知らなかったわ。



そうそう娘、最近の娘、
相変わらず言葉は発することなく何やらふにゃふにゃ言ってる。
でも、「あ、これはペネロペのオープニングだ」とかは分かる。
それなりに私には伝わる感じでふにゃふにゃ言ってる。
それがなんともかわいい。

そして娘、今時の子で、ふなっしーが好き。
そして義兄がくれたミニカーやバイクが好き。
一生懸命並べたりして夢中。義兄、良い人。
そんな義兄の推しメンは川栄。
川栄可愛いよね。私の好みとちょっとカブってる義兄。たぶん良い奴、義兄。


トイレトレーニングはまだ開始していない。
食欲は非常にある。特に魚が好き。
小松菜と人参と厚揚げの煮物をよく食べてくれる。
最近の娘はさんまの塩焼きや鯖が好き。
私は鰯やアジが好き。娘は順調に私と好みが似てきている。良い感じー☆

甲殻類や蕎麦はいつごろから解禁すれば良いのか、
最近地味に悩んでいる。
この前義父が娘にあんパン(なんか高級なやつらしい)あげてた。
「!!!」とか、「このクソ野郎・・!」とかちょっと胸がざわつくものの、
もうすぐ2歳だし・・・まあええか、と、そんな感じです。




連休に入るまえ、
ブラジルで起こった事件を読み、しばらく吐き気がおさまらず
3日間ほどは鬱状態だった。
(1歳半の妻の連れ子をレイプし殺した男が刑務所で犯罪自慢し、
反感を買い20人の囚人に肛門レイプされ、
肛門から便や血がダダ漏れになったという写真とその記事)

1歳半の女児をあなた、どうやって犯そうと思いますか。
しかもその女児、あまりの痛みに舌を噛み千切って死んだというじゃない。
私、もう無理だ。
節子だけでも直視できないのに、こういうの、マジ無理。
私は握りこぶしをこの男の肛門に突っ込んで、肘まで突っ込んで直腸引き千切ってやりたい。
つうかもう、こいつの舌を噛み千切ってころしたい。


皆さまに置かれましては緑深まるこの季節、
いかがお過ごしでしょうか。

週末ヒロイン

先週土曜、旦那に禁煙外来行ってもらい薬処方してもらってきた。
服用3日目。まだまだ吸える。
が、今日は3本のみ。そして今日は味もまずく感じるように。
舌も終日ピリピリしている。
この感じでいけば2シートめに入る頃には離脱できる気がする。

週末は義実家へ泊まる。
娘は相変わらず大勢で食べるご飯を楽しみ、心から喜んでいる感じ。
そんな娘を見るのが本当に、至福の時。
背負いきれない荷物を唯一床に下せる時間。
首も肩もすっと力が抜け、同時にそのまま体が軽くなって
どこかへふわふわと浮遊していきたくなる。

どこか遠くへ行きたい気持ちと、
この幸せそうな娘の横顔にずっと見惚れていたい気持ちとが混同する時間。


今日は支援センターへ行ってきた。
私と娘以外は2組の母子が来ていて、そのうちの1組のほうのお母さんが凄かった。
「わあ!すごい!歩いてるー!」と、娘を見るなり褒め、
更に
「わあ!刺激受けるねー!」とそのお母さんは自身の娘に言い、
なんつうか、頑張ってんなーと思った。
あれは素、なんかな。しんどくないんかな。
やたら交流をはかろうと頑張っていたり、今日はじめて見る人だったので、
頑張っている時期なんかな。
・・・私は頑張らない。頑張らないからな。
頑張らない私は今日も相変わらず人見知りオーバーヒートフルスロットルやったで。
でや、びびるやろ。ちびるやろ。しびれるやろ。
せやけどな、わしが本気出したら、こんなもんや、おまへんで!!!!!
と、なんか私結局ちょっとその人の勢いに飲みこまれ、
何もしていないのに撃沈してきたんだった。
・・・あかん・・・私は私・・・私は私・・・


今日娘は早起きだったけれど昼寝しなかった。
午後から雨がぽつぽつ来たので3時前からずっと家にいた。
するとゴミを回収する時間になるとあちこちから聞こえる収集車からの音楽。
娘、ウトウトしていたかと思えば「!!」と飛び起き、
開いている窓のカーテンを死にもの狂いで「シャッッッ!!!」と開き、
ゴミ収集車を探していた。
娘の背では外見えんだろうに。
あまりにも不憫だったので、玄関から出て廊下から外を見た。運よくチラッとだけ見れた。
娘、「!!」と気付き、「バッィバー!!」と、必死よ。必死のパッチよ。
本当にあの子、ゴミ収集車が好きね。

晩ご飯の途中愚図り、私は苛々しないよう一瞬隣の部屋へ非難する。
(なにせ今はあまり調子が良くない感じ)
すると娘、まだみいつけた!序盤なのに机で寝てしまった。
5時過ぎから布団へ自ら向いそのまま寝てしまった。
・・・どうすんのこれ・・・
と思いながら7時前に着替えさせる。も、起きない。
風呂とご飯は諦めてとりあえず寝かしてみる。
起きたらその時考える。
とにかく娘、疲れたんだろう。


明日は雨だそうで、どうしたもんか。
ミキサーを買いたいし、私のスニーカー(ビルケンで砂場入ると惨事なので)も買いたいし、
ハイカットのアドミラルしか履けるものないし、
つうか地味にハイカットのスニーカーって、幼子育児中は着脱が大変。
つうかこれいつ買ったんだ。さすがに三十路でこれ、きついわ。
で、スニーカーと言ったらもう、私はオニツカしか思いつかないんだけれども、
最近はどういうスニーカーが旬なのでしょうか。
さっと履けてさっと脱げるやつがいい。
するとやっぱりビルケン最強なんだけれども、砂場遊びに付き合うには・・・
と、エンドレスに悩み続けている今日この頃。

そうそう、義実家の斜め前には若い夫婦とその子ども(きょうだい2人)が住んでいる。
その妹のほうが、すごく優しい。
義母、どんな子供にも声を掛け、仲良く(たまにウザがられるけど)なる。
なのでその妹ともよく話す仲。

日曜日の朝、わが娘を義実家近くの公園で遊ばせて帰ると、
丁度その子とお母さんが公園へ行くところだった。
娘、「おお!」と言わんばかりにその子の後をついていく。
おいおい、おじょうちゃん、今帰ってきたところだろう?
と思いながら娘を制止すると、
コンクリートに頭打ち付けるレベルに激しく泣き喚くので、
アズユーライク戦法。お好きにどうぞ。

で、娘とその女の子は仲良く砂場で遊ぶ。
遊ぶっつうか、面倒見てくれる。
娘、本当にその子に懐いていて、何でも真似る。
ジャングルジムに登ろうとしたり、ブランコに立ち乗りしたそうにしたり。
でも、その子は娘のペースに合わせてくれて、よく面倒見てくれる。
しばらくすると、
遠くから見守っていた(面倒なことに巻き込まれたなという表情の)お母さんの元へ行き、
「おかあさん、かえっていいよー」と言う女の子。
すいません、お願いしますとお母さんは義母に言い、
義母、旦那、私、娘、女の子という異質なメンツで砂場を占拠する。

途中、「昨日ここにウンコ埋めてん」と言いだす女の子。
おいおいまじか、つうか人糞か、そこが重要だ
とか思いながらまあ多分犬か猫のウンコなんだろうなあと思いつつ、
おいおいまじか、そんなアラレちゃんみたいな遊びすんのかよと思いつつ、
私はその場を掘り、泥団子作ってたら、なんか、ウネウネしたやつが出てきやがんの。

ひ、ひ、ひ、ヒイイイィィィィィィィ!!!!!!!!!!

虫、なにかしらの幼虫が、出てきやがった。
モウ無理~!と、頭の中はメーコブでいっぱいだった。
で、女の子に「これ何の虫か知ってる?おばちゃん虫あかんねん・・・」と言うと、
「これ、だんごむしのあかちゃんやで」と言う。
ま、まじ・・・?つうかこんなデカいの・・・・?
すると女の子、「ぴい~!ぴい~!」とか言って、砂投げてきやがんの。
おいおいまじかよ、そこ、思いっくそ虫おるところやん・・・
つうか何ならなにかしらのウンコかもしれんやん・・・

まじかよ・・・・

とか思いながら、あまりハードにしない女の子。
ちょいちょい私の様子をうかがい、手加減してくれてる。
しばらく遊び、女の子の自転車に娘が乗りたいと言いだし、
女の子はシートに娘を座らせても良いと言ってくれ、
旦那が舵を取り、娘は座るだけで自転車が走るという奇怪な情景が。
なんか、ああいうサーカスあったよな。
犬を調教して自転車に乗せるやつとか。

なんとか無事帰路につき、それぞれの家に着く。
も、すぐ女の子は遊びに来た。
が、家の中には絶対に入ってはいけない。
お母さんにきつく言われている。

義母、庭先で女の子としゃべっていて、オムツ替えを終えた娘を参戦させてみた。
石の階段に2人仲良く座り、アンパンマンのりんごジュース飲む。
(お菓子やジュースを勝手にあげたら女の子が怒られるので、
義母に「これ飲ませて良いですか」とお母さんに聞いてきてもらった)

女の子、すごくすごく怯えていて、特に私の顔色を窺っていた。
聞くと、ちいさい時からお母さんによく怒鳴られていたそう。(義母談)
おかあさんこわい、と言っていた。
いやあこのくらいの歳(5歳になったばかり)だと、
お母さんだってしつけだったり、叱らなければいけない場面とかあるよね・・・
とか思いながらも、女の子の尋常でない気の遣いようが気になった。

前々からよく義母(やたらご近所情報に精通)が言っていたけれど、
旦那さんが、一切子育てに関わっていないみたいだ。
大量の金魚やよくわからない魚を飼っていて、
仕事が休みの日は朝からずっと水槽の手入れや魚の手入れ、
それが終われば愛車(スポーツカー他何台か所有しているらしい)の手入れ、
女の子、たまにマクドナルドに連れていってもらう、と言っていた。

よその家庭のことだからあれだけど、
お母さんとお父さんが全く別の世界にいて、
そのせいでお母さんの機嫌が悪くなって、
それで怒られているのだとしたら、つらいなあ、と思った。
お父さんやお母さんを責める資格は無いけれど、
あの子がああいう目つきをしたりするの、胸が痛かった。
ああいう目で大人の表情を窺うの、見ていて辛かった。
と同時に、私だって娘にそういう目をさせてしまうかもしれないと思った。

今、精神が穏やかでヒステリックでないお母さんでも、
いつ、どうなるかは分からない。
それの原因が何で、そこからお母さんがどうなるのかも、誰も分からない。
本当はそんなことあってはならないんだろうけれども、
子育てっちゅうのはそんな「〇〇だから〇〇である」と、マニュアル通りいくわけない。
子育てっちゅうか・・・生きてりゃそんなもんそこらじゅうに転がってる。

私、年に4~5回避難袋の中身をチェックするんだけれども、
そんな感じに自分の中身も頻繁に見直せる余裕を日々保っていけたらなあ、と思った。

そうそう、1時間くらい庭先で遊んでいたんだけれども、
女の子、最後に私の膝の上に乗ってくんの。
ああ、5歳の女の子ってこんな感じなのか、と、
ちょっと胸がざわっとした。
木村拓哉みたいにあすなろ抱き・・・・したった・・・
これ、義兄がやったら通報されるけど、
なんせ私、これでも母親なので通報されへん。
母親冥利っちゅうやつやで。

「〇〇(娘)ちゃんのこと、だっこできるで~」と言うので、
危なっかしいけどさせてみた。
なんと、我が娘を持ち上げた女の子。
娘にないしょで「これ、〇〇(娘)ちゃんにあげて」と、
森永ミルクキャラメルを1粒くれた。
涙ぐましい・・・・

幼女と過ごし、私は少し心が洗われたのだった。



義兄やったら通報されるけどな。




能動的3分間

最近娘はキューピー3分間クッキングのオープニングで踊り狂ってる。
ベタな話、3分間で私は何も出来ない。
「こちらに焼きあがったものを用意してあります」とか、日常的に誰か言ってくれねーかな。
もう作るのしんどい。何がしんどいって、私の絶望的に足りない料理のレパートリーがよ。
自分で心底嫌になる。
もっと若い時からきちんと色々調理しとくんだった。
「え~!?出来ないですぅ~☆」で通用する年齢では無くなったことにも絶望。
誰かが私の隣でずっと調理してくれないかな。
そして3分後には「出来ました~!」とか言って、そそくさと帰ってくんねえかな。


昨日、ゴミ収集車と運良く出会い、娘に「ほれ、よかったね」とテンション高めに伝えると、
娘はにっこりし「ばっばー!」と勢いよく手を振ったんだった。
すると丁度2人がゴミを回収し、もう1人が運転席でなにかしら操作しているところで、
運転席の坂上忍似の人が手を振ってくれた。
なにこの忍、めっさ感じいいやん、すまん、忍びねえな仕事中に。

その後ゴミを回収していた2人が忙しげに車に乗り込み走り出そうとするところまで
娘は立ち止まってじっと見ていた。(しつけーよ、でも私は娘の気の済むようにしてる)
すると再び忍、なにやらウェイトウェイト的な手振りをする。なに?邪魔?ごめん忍!

とか思ってたら、なにやら組立てればゴミ収集車になるという紙製のシートをくれた。

う、うわあ!なにこの忍・・・めっちゃ良い人やん・・・・
つうかあんたら皆良い人・・・!
なんか私泣きそうになった。
やっぱ世の中にはたくさん良い人いるんだわ。嫌な人ばっかじゃないんだわ。
私は坂上忍と高橋名人と土建屋よしゆきに、深々と何度も頭を下げた。


そしてそれを早速組み立てたいところなんだけれども、
私には仕事がある、そう、娘の為にバスを作るのだ。
紐をつけて娘を乗せ、引っ張るっつう、なんとも原始的かつ体力のいる乗り物。
支援センターでかなり前に見かけて、作ってみたいと思っていたのだった。

いらない段ボールに切り貼りして作ったいろんなキャラクターを貼り、透明テープで保護し、
なんつうかこれ、地味に時間かかる。昨日も気が付いたら深夜2時を回っていて、死ぬかと思った。
とりあえずは、
アンパンマン、チーズ、あかちゃんまん、はなかっぱ、かっぱ寿司のキャラ(なんつうか、河童)、
ばいきんまん、ドキンちゃん、あと、ワンワンを作ろうかと思ってる。
それが出来たら底面を補強して、・・・・とか考えながら若干面倒臭くなってきた。
が、娘がかっぱ寿司の河童共やはなかっぱをえらく気に入り、私もふふん、とちょっと嬉しい。
いや、だいぶ嬉しい。夜な夜な頑張った甲斐があったってもんよ!ぶひい!


最近1日があっという間に終わってしまって怖ろしい。
そしてデビ夫人がなんか最近うぜえ。
身近にああいう人いたら多分私気を遣い過ぎて病気になる。
デビはリアルガチであのキャラなんだろうか、ああコワ。
淡路恵子の遺品の上質な着物をクレクレ、死後けっこうすぐに遺族に迫ったとかいう話、
あれリアルでガチなんかな。
しかしデビくらいハートの強い女になりたい。

旦那がこの数週間で目にみえて禿げた。
前髪をかきあげるとそこには官能的なインリンオブジョイトイが。
Mの悲劇。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。