人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

カテゴリー "2歳後半〜3歳前半" の記事

たかみちかよこちゃん

娘には友達がいる。

たかみちかよこちゃんという、5歳の女の子だ。
赤いワンピースにショートカット、ピンクの靴を履いている。
気が付いたら友達になっていて、
引っ込み思案で自分から話しかけることが苦手な娘がめずらしくよく喋る。
かよこちゃんにはよく喋る。ほんとうによく喋る。
トイレに置いてあるシールを台紙に貼るのにけんかしたこともある。
自分が貼るの!かよこちゃんも貼りたいの!?あかん!
と、珍しく強気の娘だった。

たかみちかよこちゃんはおばあちゃんも一緒に暮らしている。
おかあさんとおとうさんと、かよこちゃんとおばあちゃん。
この前は北海道にも行ったらしい。
かよこちゃんは、
娘が通う一時保育が併設している保育園の近くに住んでいる。
娘とよく遊んでくれるらしい。

話を聞けば、娘が赤子の頃からよく遊んでいたらしい。
「◯◯(娘の名前)が赤ちゃんのときかよこちゃんおもちゃで遊んでたよ」
「◯◯(娘の名前)が寝てたらおもちゃ出して遊んでてん」
と言うので、そうなのだろう。

3歳になってから「たかみちかよこちゃん」の話を急にするようになった。
最初は「かよこちゃん」という名前だったのだけれど、
最近になり「たかみちかよこちゃんっていうねん」と教えてくれ、
トイレにて便をしている娘をそっと覗いてみたら、
コソコソとかよこちゃんと話していた。
時々かよこちゃんが今日なにをしているか、
家で何をしているかも詳しく教えてくれる。



もちろんたかみちかよこちゃんなんてこの世に存在しない。
娘が創り上げた架空のものだ。
だけれども、その時その時の娘を投影しているようでそうではなく、
たかみちかよこちゃんという女の子は着々とたかみちかよこちゃんとなっていく。

最初は「大丈夫かこいつ」と心配だったけれど、
話を聞いていると、どんどんたかみちかよこちゃんが具体的になっていくので
私もおもしろくなってきたのだった。
かよこちゃんの喋り方、
かよこちゃんの好きな色、
かよこちゃんの着ている服、
かよこちゃんの歳、
かよこちゃんのくつ、
かよこちゃんの家。

それに娘にとって彼女はなんらかの救いなのかもしれない。
私に怒られたときとか、寂しいときとか、
ありとあらゆるストレスをなんとかしてくれてるんじゃないか。
よく赤子には小さい妖精みたいなものが見えているとか聞くんだけれど、
そういう存在なんだろうなーと適当に思ってる。
旦那にもかよこちゃんの話をよくしていて、
旦那もまたかよこちゃんについて聞くもんだから、
娘は嬉々として教えてくれる。
私も旦那も娘の世界を否定しない。
娘は娘自身がつくるものから出来ている。

娘の世界は娘にはどう見えているんだろう。
空はどんな色で、地面はどんな感触なんだろう。
どんな人がいるんだろう。どんな生き物がいるんだろう。
何を食べて、何をして遊ぶんだろう。
私や旦那には見ることができないけれど、
娘だけの世界があるっていうのがなんかうふふってなる。

そういや母の名前の候補に「かよこ」があったらしい。
そして母のほかに2人を祖母は生んだけど、
堕胎しなければならなかった赤子や死産だった赤子など、
3人ほどいるらしい。
祖母はそういう赤子たちに自身が死ぬまでずっと、
手を合わせていた。
とても信心深い人だった。
もしかしたらその赤子たちが娘を守ってくれているのかもしれない。
とかスピリチュアルな妄想をしている。

最新のかよこちゃん情報では、
「クリスマスにかよこちゃんの家に赤ちゃんがうまれるねん」らしい。
これは自身の投影なのかもしれないね。
私が妊娠してから、かよこちゃんのおかあさんも赤ちゃんを産む話になってる。

なんか娘大丈夫?な記事になってしまった。
なんも心配ないっす。
スポンサーサイト

娘録

そうだいい加減記録しとかなこのままどんどん忘れてしまう。



・娘のトイレトレーニング、気が付いたら終了していた。

うんこもおしっこも、自分で言いに来る。

就寝時のおねしょも7月時点でなくなってた。

私はなにも努力していなかったのに、娘ったらえらい。

なんだったらまたもらしたりしないかな、とか、

ちょっと寂しい。

しかしこの余った紙パンツやパット、どうしよ。



・娘のあせも、今年もすごかった。

彼女はやはり敏感肌のようだ。

誤って購入してしまったベビーパウダー、

自身で「パフパフしたいねん」といい、

自身で尻に風呂上がりパフパフしてる姿が可愛い。

尻だけだったらええか、と、そのままにしている。



・プリキュアに新しいおもちゃが発売されると知り、

私は複雑だ。

なんなんだ、なんでこのタイミングであんな魅力的なおもちゃを出すのだ。

しかもこの前の本編、おもちゃのプロモーション回なだけやったやないか。

東映アニメーション、鬼畜や。



・アホかと言われようが京都競馬場へ行き、

プリキュアオールスターズのショーまた観にいった。

相変わらず大きいおともだちであふれていたが、

今回は競馬場だったので見やすかった。

そしてキュアスカーレットが出てきた。

なんか衣装踏んでこけてた。

大きいおともだち大盛り上がり。

さすがにこれは同意出来なかった。

高度過ぎる。




・この夏、娘はかき氷ばかり食べていた。

いちごとメロンが好きなようだ。




・娘の写真、1年分くらい現像していなくて、データがどうなってるか分からなくなった。

これはいけませんねえ。



・太陽の塔を見るついでに、ひまわりを見に行った。

自撮り棒で撮りまくる意識高い系大学生がいっぱいいて、

SNS社会って大変ね〜と思った。

しかしあれ危ねえわ。

ほんでキメ顔してるとこ見るのキッツイわ。

いやべつに見んでもええねんけどな、見てまうやろあれ。



・ベビーカーの集団が脅威だ。



・幼稚園のことを考えたら保護者同士の付き合いとか諸々

自分に務まるか不安になってきた。

まだ何も決まっていないので、悩ましい。



・どうやって生きるのが幸せなのかを考えると、
どうやっても幸せになれないことがあることが分かって、
どうやっても生きられれば幸せなんだと分かったけど、
結局どうすればいいのか死ぬまで分からんのやろなと思った。
親になっても根本は変わらんのだと分かった。
ああこれ私の話か。


・娘の七五三の写真、今年こそ撮りにいきたい。

ついでに3歳の誕生日の写真も撮りたい。

今年は着物を着られるだろうか。



・家ではコップにストローを入れて茶を飲むスタイルが好きだった娘が、

もうストローはいらないと言った。



・いま96センチくらいで、15キロ弱。



・ちょっとこけただけなのに、骨折したかのように痛がり、

痛がる演技もするようになった。


かまってちゃんなのかもしれない。

いや、けっこうかまってるんやけどな。



・最近はさみを使いたがり、練習している。

が、なかなかうまくいかず、もやもやしている母子共々だった。



・最近お風呂に入れるバスボール的なものが好きなよう。

100均のやつでもよろこぶ。



・はらぺこあおむしが好きになった。



・一時保育で覚えてきた歌をよく歌う。

歌を覚えるのは早く、好きなようだ。



・よく「グリーンダカラちゃんに似てる」と言われる。

髪型だけやでそれ。顔はそこまで可愛くないと思うで。

いや可愛いけどな、親から見たら。



・まだ「ちょっとまってちょっとまっておね〜さ〜ん」とか言うから、

若干恥ずかしい。



よろしく哀愁でいと

もう9月かよ!



最近さまぁ〜ずを見ても笑わなくなってしまった。


とにかく明るい安村が、なんだかんだ言って面白いと感じるのだった。

あそこまで汎用性の高い芸は珍しい。

品があるかないかとかどうだっていい。

彼の人柄もまた、なんかいいと思ってしまった。



怒涛の8月が終わった。

物件探し土地探し、ホームメーカー探し、

なんて面倒なんだ時間が掛かるんだ、あゝ時間が有限過ぎてつらい。



一戸建てを購入する予定だったけれども、

もう、中古マンション買うところに落ち着く気がする。


今後20年弱で、そこまで価値の下がらない立地の物件を狙ってる。

狭小住宅、隣の家のベランダまたいだら行けるやんっつう建て売り住宅、

うちの土地にこのガスメーター越境してまっせどういうことですのんとかいう

揉め事とか起こったらどうするんや。いらん。

つらい辛すぎる。


そんなもん買うんだったらもうマンションでええやん、

という、やる気なくなるままにゴールへ到着しそうなのだった。



そして私の身体に奇跡が起きた。

今年じゅうに駄目だったら通院すると決めた今年の春。


仕事忙しいのは分かるけど、私の仕事は子どもを産み育てることやから

協力してほしい

と、昼ドラみたいな台詞を小沢真珠みたいな形相で訴えた今年の初夏。


自分なりに努力もし、なんとも単純に妊娠反応が出たのだった。

こんなに簡単に妊娠が可能だなんて、奇跡としかいいようがない。

ただやっぱり、内診はいくら経産婦といえども、30越えたといえども、

物凄く嫌なものだった。

経産婦のくせに、「女医がいい」と、希望を書いた。



昨日病院行ったらなんとか心拍確認できた。

つわりもいっちょまえにはじまった。

コンビニの梅おにぎりが至高で、

私は毎日のようにコンビニのおにぎり、

(匂いがあまりしないから)食べまくってる。

山下清みたいだ。そのうち芦屋雁之助みたいになりそうだ。


これだけ吐き気がすると、あれだけ止められなかった酒も飲む気がしなくなった。

オールフリーも気持ち悪くて飲めなくなった。

財布に優しい。



しかし、娘にやっときょうだいを作ってやれるという安堵より

妊娠による精神の不安定、体調不良、それらが娘へ影響するほうが嫌なのだった。


今でも腹たって覚えてるけど、

PMSを改善したくて通院していたときにクッソみたいな女医に


「苛々・・・・するかぁ〜?!

二人目はまだ考えてないの?

妊娠したら苛々収まると思うんやけどなあ・・・」と言われたこと。


ああ思い出しても殺意がすごい。


あの時のクソみたいな女医よ、

妊娠したって一緒じゃないか。苛々は増すばかり。

ばかやろう。いろんな女がいるんだよ。

妊娠して苛々おさまるって、それどんな奴やねん。

そんなユリアみたいな女がいたら紹介してくれ。



そして哀しく思うことが増えた。

つわりによってアカン匂いが増えた。

娘の頭のにおい、娘に懇願されついていくトイレ、のにおい、

風呂場のにおい、洗面台のにおい、台所のにおい、部屋のにおい、

シャンプーのにおい、ボディシャンプーのにおい、洗剤のにおい、

私の母のにおい、旦那の車のにおい、タクシーのにおい、揺れ、

(どうしてタクシーの運転はああ荒いのか、ブレーキングが急すぎて吐き気がする)


娘関連のにおいで拒絶したくなる瞬間、

ああもう私だめかもわからんね、と思う。

そして抱っこが好きな娘を、満足に抱っこしてやれないこと。

いまだけだ、抱っこだなんて可愛いこと言うのなんて。

それが出来ないのはなんか哀しい。哀川翔や。



気ままに自転車乗せてイオンへ行ったり、スーパーの安売りへ行ったり、

物凄く難易度の高い行為となり、今は出来そうにないのだった。



今日は一時保育の日、しかし雨が降ってきた。

今日もコンビニのお〜にぎりが、食〜べたいんだな。

そういうやドラマって、山下清バカにし過ぎちゃうか。



昨日鳥人間コンテストありましたね。

特に見る予定ないのに録画した。

ふと、笑い飯の鳥人のネタを思い出し、

そのあと窪塚洋介を思い出し、


でもやっぱ、鳥人間コンテスト出てる人たちって、すげえな。

というところで落ち着いたのだった。



ああ、もう言うてる間に娘の3歳児検診や。

あの空間、キツイな。




そうそう、吐き気えげつないなか、

今年もおかあさんといっしょスペシャルステージ行ってきた。

今年はスタンド席前から3列目という奇跡のような席だったので、

パレードのとき、よしおが!目の前に!というシチュエーションだった。

ただ、後ろの席に奇怪な客がおり、

祖母、母、その娘ふたり(10代なかば)の4人でキャーキャーいってんの。

「ギャーー!!!!せいやーーーー!!!!!!」とかいってんの。

ずっと絶叫してやがんの。


その前に座ってた女児、耳抑えて苦痛の表情よ。

その女児の父ったら、成す術なく苦笑いよ。

そういう大きい方専用のシートを設けたらええのになあ。

女児には刺激が強すぎる。不憫だった。


いやしかし、今年のはすごかった。ものすごかった。

ぼよよん行進曲でよしおが飛んだ。



あ、私、照英レベルに涙もろくなった気がする、と、

今気づいた。

もう柴田理恵は卒業だね。

哀愁だね。

 うんこだろうとうんちだろうとどっちだっていいじゃないかうんこだものそんな私はクソ

娘がトイレットにて排便することに快楽を感じはじめている。

誰が言っているんかしらんけど、

「人間がトイレで排便する快感は
生まれてはじめて感じる性的快楽と言ってもよい」
的なやつな。

いや、誰もそんなこと言っとらんか。
どこかで読んだ気がしたもので、ねえ。

MINMIが「出産って最高のエクスタシーやと思う☆」つってるのと同じくらい
「なんなん自分何言ってるか分かんねえなあもう」事案である。

とにかく娘がはじめてのトイレにて排便っつうのに成功してから、
あっちゅう間に排便はトイレっつう習慣を会得しかけている。

ほんで私も布のおぱんてぃーに付着した多量の排泄物を洗うっていう作業を
やっと面倒に感じなくなってきたので、
トレーニングパンツにパッドを装着させるのもやめた。
銭も浮くし萬田はん、やったもん勝ちでっせ。
面倒くさいからトイレトレーニングやってなかったけど、
面倒な事にやっと慣れたで私、
適応能力低い私が、やっと慣れたで。

それから私は娘の幼稚園どうすりゃええんや問題と、
引っ越しいつどのタイミングにすりゃええんや問題に脳がやられている。
思考停止しまくりよ。

そういや「人間関係を急にバッサリ切る奴ってなんなの死ぬの?」的なものをネットで読んで、
それわしやん・・・と前のめりになった。
もうこれ病気やね。人格障害か発達障害かキチ◯イかしらんけど、
私そのまんまでびっくりした。
つうか同じような人がけっこういてびっくりした。

中学生の頃の友人は高校進学とともに、
高校生の頃の友人は1人を除いてフリーターになったとともに、
それからまともに人間関係築けてないな。
仕事となればなんとか付き合いは保てていたけれども、
今はもうそんなことも出来る気がしない。

もうどうやって人と関わったらええか分からんようになってきた。
4年も無職引きこもり専業主婦してると余計にそうなってきた。
なんとかせなあかん!と前向きに取り組むも、
突然すべて切って逃げたくなって、結局逃げまくってる。

という状況がまた好転したら、
せめてインターネットのなかの世界やブログのなかだけでも
継続していきたいと思う。
ほんまこんな腐れ外道ですんまへん。

このまえ、旦那の実家近くでお祭りがあった。
娘は金魚すくいが好きらしく、5匹も持ち帰ることになった。

間近であがる打ち上げ花火の音に恐怖した娘は泣き叫び、
花火をみることなく家に帰った。
帰り道に10時まで営業しているホームセンターに寄り、
車内で眠る娘と袋に入った金魚を手に待機する。
旦那はササッと水槽やら諸々を買ってきた。

最初は元気だったものの、
白点病っちゅうやつに罹り、4匹が死んだ。
娘に死の概念を伝えるのは難しい。
残りの1匹は引き続き薬浴治療中だけれども、
こいつも死んでしまったら悲しい限り。

てな具合です。

娘がトイレでうんこ出来たので、
ご褒美にキュアスカーレットのおもちゃ買った。
なんつうか旦那が一番欲しがってた。
つうか私はトワイライトの髪色のほうがよかった。
キャラデザがあんまりしっくりこない。

そういや・・・ぐふふふふ・・・

娘の誕生日に私、プリキュアの絵を描いた。
誰にも見せる予定もないからブログに残しておこう。
けっこう巨大になってしまった。



そしてフローラに時間割きすぎでトゥインクルがおざなりに。

おざなりなのかなおざりなのか、どっちなのか。

3

娘が3歳になった。


あっという間に3歳になってしまった。


私はと言えば、すっきりせず、ずっとモヤモヤとしている。
やり残したことばかりが毎日蓄積されていて、
ずっと焦ってる。

娘のことを事細かに記録していきたかったこのブログも
なにもやる気が起きなくなってからパソコン立ち上げるのも出来なくなって、
このザマだ。

お酒がやめられなくて、それが原因で苛々してまた酒飲むっつう、
なんつう言い訳やねん、っつう、
相も変わらず意識低い系の私です。

意識高い系のもので溢れ返っているそこかしこ、
目に入るだけでしんどい疲れる。
なんやねん意識高い系て。



すこしだけ娘のはなし。

なんとかトイレトレーニングはじめる。
3歳の誕生日から私は本気を出した。
排尿成功確率は7割くらいか。
排便はいまだパンツイン。
でもまあいいか。
そのうち、なあなあ、という具合です。

プリキュアオールスターズにハマりだした娘と私。
誕生日の日なんかは太秦映画村にプリキュアオールスターズが来るっつうもんだから
連れて行って見に行った。
遠方のみさき公園っつうところにも見に行った。
そしたら両方で同一人物を数名発見した。
おおきいおともだちだ。
彼らの熱量、本気度、生きる意味、
すべてが眩しくてちょっとうれしくなった。
私もそんなふうになりたい。


娘は相変わらず慎重で常時抱っこを求め、
外見は3歳でも中身は幼な過ぎる。
そういうことやああいうことやなんやかんや、
私は自分のやり方が間違っていると言われているようで息苦しい。


でもやっぱり、
娘に対しては感謝の意が強い。

苛々するけれども、腹立つけれども、不安だけれども、
とにかく、3歳を迎えた娘に言いたいのはやはり、ありがてえ、ということだった。

娘だけだ。
私を本当に必要としてくれて、生きてていいんだよ〜、と言ってくれるのは。
いや言わんけれども。

自分、もうちょっと生きなければと思えるのは娘のおかげなのだった。



この夏に着る服も着たい服もない。
若作りみたいでキモいけど、
バンドTシャツ着てジーパン(くどいけどデニムとは言わん)穿いてりゃなんとかなるか。



広瀬すずが性格悪かろうがどうでもいい、
あの子可愛いなあ。


最近風呂上がりのすっぴんがイッコーに似てきた。
メガネにしたら假屋崎省吾みたい。

私女なのにカマみたいになる。

でもキレイなカマみたいにはなれないのだった。


きったねえカマみたいな女だなあ私。
せめてキレイなカマにさせてくれや。



年明けあたりに家を買うかもしれない。

娘が新しい環境に適応できるのか不安。
つうか私がか。
私のほうが慣れるのか不安だ。

不動産屋の若い子は、
横から見たらミッシェルガンエレファントのチバユウスケみたいにペラッペラだった。
シュッとした若者って、ああいうのを言うんだな。
きったねえカマからすれば、羨ましい限りだよ。

きったねえカマとか言って悪かったけどイッコー、
最近お太りあそばされてからもっぱら着物だ。
でも色気を感じないのはそういうことだからなのだろうか。
私が着物着ても色気もクソもないんだけれども、
やっぱり私はきったねえカマなのかな。

明日は娘、日本脳炎の予防接種だ。
いやだなあ病院。
娘もいやだろうけど、娘の阿鼻叫喚と私の絶望がつらい。
平常心で何事もこなせられたらいいのになあ。


コメント、ほんまにすんません・・・・
もうちと落ち着いた暁には必ず返事させてください・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。