人見知りが育児を記録していくだけのブログ

面倒臭がりで神経質で人見知りで妄想しがちなただの主婦ブログ

梅沢富美男が毒にしかならなくて辛い

御無沙汰しておりますどうも、私です。
わたしわたし、私だよ、
そうそう、その私、私ですどうも。

前回ブログの記事書いた夜、陣痛が来まして
ギリギリまで自宅で我慢していたら、病院到着後50分で出産となりました。
非常にギリギリでした、ギリギリガールズです。

コメントも放置していてごめんなさい。
車上荒らしの件、一緒になって怒ってくれたり悲しんでくれたり心配してくれたり、
いい人、なんていい人たちなんだろう。
おかげさまで、次女は元気に育っています。
ありがとう。

娘がふたり、信じられないくらいに次女は可愛いです。
もちろん娘(長女、というにはなんか可哀想でけっきょく娘は娘のまま)も、
変わらず可愛いです。
娘は幼稚園へ通い、その間次女を構いながら私は家のことをする。
そんな毎日です。

当初心配していたほど私のメンタルが荒れることもなく、
娘は少し赤ちゃん返りのようなものをしたものの、
次女のことを可愛がってくれています。

そうそううまくはいかない時もあったけど、
なんとか次女はうまれて5か月になりました。
予防接種が地味に変わってたり、
娘の幼稚園の関係できょうだい育児する人を見る機会が増えたから、
ちょっとひるむことがあるけれども。
私は元気です。

追伸
外で遊ぶ娘に付き合ってると、次女が蚊に噛まれまくって足裏が悲惨なことになったよ。


このまえテレビでくるりが東京歌ってて、泣きそうになった。
あの頃からもうすぐ20年経つんか。
上京したことない私ですら、遠くにきてしまったな、と、
途方に暮れる。


夕方になると訳もなく不穏になるのは、
赤子だけでも年寄りだけでもないんやね。
こんなところに来てしまった。
後悔してるわけじゃないのに、
ここまで流れついた自分が他の誰かになりすましている感じがして、落ち着かない。


さらに追伸
抜け毛、ほんとにやばいんだって。
瀬戸朝香が2人目出産の時の方が抜け毛が酷かった、って言うてたで、って、
兄が言ってたけど知るか。


もともとてっぺん薄くなってきてたのに、
毛が細くて絡まりやすいのに、
梳いてないのに前髪が簾みたい。


抜けた毛を見てさらに追い込まれてきたので、
抜け毛が少なく見える工夫をしよう、と思い
髪の毛短くしようと画像検索していたらば
紗倉まなちゃん、なんて可愛いの。

最近、紗倉まなちゃんの画像(エロ要素無しのやつやで)見ては、
はあ、可愛いは正義ってほんまやな、とため息が出る。
ほんであんな髪型してみたいけど、
顔考えろや顔、とか、齢考えろや齢、とか、
そもそも美容師に何て言うたらええんか。
1,500円カットの、
下町にあるファミリー美容室のおばちゃんに紗倉まなちゃんみたいにしてくださいて言うたらええんか。
ということに、ちょっと悩んでいる薄毛の私です。

梅沢富美男を見ると下痢するようになりました。
スポンサーサイト

ゴミクズの思考回路は理解できない

まだだよ、まだ出産済んでないよ


昨日39週過ぎての健診だった。
非常に混雑していたので、ノンストレステスト・内診・診察・会計、
すべて済むまでに4時間掛かった。
尻が痛い股関節が痛いずっと尿意、と不快感パネかった。
尿蛋白若干プラスになってきたのと若干血圧が上がってきたので、
「早めに出してあげたほうがいいかもしれません」と言われる。
4月からの主治医は無表情な女医だ。
あーそうですか、と言い、子宮口3センチまで広げられた。
痛えわ、この時点でこんなの無理だわ陣痛とか無理だわ、と腰が浮いた。



今週の月曜、娘の入園式が無事終わった。
旦那は半休取ってくれたので皆で行った。
その夜、過激な腹痛に襲われる。
やっべえこれ陣痛くるんちゃうやろか、と思うレベルの、
脂汗が出て思わず呼吸法を実践するレベルの、
割とガチな痛みだった。
あかん、もう耐えられる気がしないと旦那を起こす。
午前2時半ぐらいだった。
それから1時間、様子は変わらず、とりあえず旦那は入院準備のかばんを車に搬入する。
いつでも病院に向かえる状態にしておいた。



が、その陣痛もどき、結局強めの前駆陣痛は明け方には引いていった。



そして旦那は出勤時間となり、
車に積んだ入院準備品がたくさん詰まったかばんを取りに駐車場に向かった。






「最悪や、車上荒らしや」




と、旦那はなんとも言えない表情で帰ってきた。
旦那の車だけ、きれいに窓を割られ、入院準備品の詰まったかばん3つだけ、
すっぽりと盗られていた。


きっと旦那が車に積み込んだのをどこかで見ていたんだろう、
それだけを狙って犯行に及んだんだろう。
ゴミクズが。


私は、二度目といえども、
どんなものが必要か、入院中に娘がきたときこれもいるかな、とか、
退院の時は娘のときと同じドレスオールにしよう、とか、
考えて考えて、娘のときの思い出を反芻しながら慎重に、
浮かれているような不安なような、整理できない気持ちで準備していた。
授乳しやすいパジャマや肌着や、
それはもう時間と労力と頭と、すべてを使い準備した。

そういうものすべて、パクられた。
金が欲しいならやるのに。
なんかもう、人のものを盗る、人の車を割ってまでするその根性、
つうかその思考回路がこの世界に存在するすべてのもののなかでいちばん、
理解できなくて今非常に苦しいっす。


旦那は必要なものは全部買ったらええで、と、
入院着、授乳服、新生児用の退院着、洗面用具、スキンケア用品、
一からすべて買ってくれた。


ああ、あれもかばんに入れてたなあ、とふと思い出すたび、
私の殺意はものすごい。

とにかく顔を踏みつけたい。
ゴミクズの頬骨をバッキバキに粉々に、
こめかみをぐっちゃぐちゃにしたい。
目に接着剤を流し込みたい。
口の中に熱々の石を突っ込みたい。
歯をペンチですべて抜きたい。
鼻の骨をグーでへし折りたい。
髪の毛全部、抜きたい。
背骨をバールのようなもので叩き割りたい。
私の女のパンチ力で腹をいくぶん殴り続けたい。
金玉つぶしたい。
最後に首の骨を折りたい。


金をパクられるよりきつい。
なんというか、思い出の詰まったポーチだったり、
娘のときにも使ったものだったり、
自分が吟味してかばんに詰めたいろいろなものが消えるって、
地味にダメージがでかい。

つうか今この瞬間ふたたび産気づいたらどないすんねん。
バスタオルもありあわせのものを入れたから、
また買わなければならないし、
陣痛逃しのテニスボールも、
いらないかもしれないけと詰めておいたドライヤーも、
お見舞いに来てくれた娘にあげようと忍ばせておいたジュウオウジャーカードも、
コンタクトの替えも、
なにより私の思い出の品がごっそりと、奪われてしまった。
母が娘が生まれる時に買ってくれたドレスオールとぼうしも。
かばんそのものにも思い出が詰まっていたのに。
つうか入院するためのかばんが無いんやけどどうすんねん。


その日は旦那、車を修理に出し、会社を休むわけにもいかず出勤は夜の7時からした。
深夜まで働き、犯行時間あたり、明け方4時頃旦那は聞き込みをしたらしい。
新聞配達の人に声を掛けたり、
明らかな不審者にも声を掛けたり。
刺されたりしなくてよかった。
明らかな不審者は、社名の刺繍もなにもない作業着を着て、
キョロキョロウロウロしていたらしい。
役立たずの警察にも一応不審者がいると通報しておいたらしい。
「また見回りをします」という、適当な答えだった。
どうせしねーんだろうなあ。
警察はこんなちいさな事件、書類上処理したらろくに捜査しない。

駐車場の隣の車の持ち主(40代くらいのおっさんとその嫁?20代のDQNくさい女)は、
旦那が朝通報し、警官に事情説明しているとき、
ふたりで目を見合わせ、口に手を当て、「うわあwwww」みたいな含み笑いをしたらしい。
なあんかもう、被害者ヅラするつもりないけど、
人の気持ちを汲み取れないゴミクズばっかりで、
やっぱり他人に何かを思ったりするのは馬鹿げたことなんだなあ、と思った。
国語の授業をまともに受けても出来ない人間には出来ないのと一緒だ。
作者の言いたいことを汲み取りなさい、とか、
出来ない人には読み取れないんだから、仕方ない。



と、心はすっかり荒んでしまったけれど、




娘の前でこんな荒むわけにはいかない。
昨日からバス通園がはじまったけれど、
娘は泣くこともなく、スッと自分からバスへ乗り、
「ばいば〜い」「いってきま〜す」と言う。
健気で、いぢらしくて、娘がこんなに成長していたのかとびっくりした。
娘は出来ているのに、いつまでも心配しきりな私なのだった。
娘のほうが頑張ってる気がする。
制服姿も、どんどん見慣れてきた。
すっかりいっぱしの幼児になった。


私も、同じバス停から乗るお母さん方となんとか雑談している。
幸いさっぱりとした人ばかりでホッとしている。
この後お茶しない?とか、そういうのがあるところだったら死ねるなあ、と
思っていたので、当たり障りない関係を築いてくれる人たちでよかった。


昨日の夜、おしるしがきたので、もうすぐ生まれる気がする。



コメントのお返しがふたたび遅くなってすみません・・・・

SHIKKOU38

今日兄が免許更新に行くというので、
私の事情を伝え一緒に試験場に連れて行ってもらった。
これでやっと使える免許証を手に入れることができた。
運転せんけど。

しかし失効した人というのは結構いるようだった。
そして次の更新は初回更新と同等になるので2時間の講習を受けなければならない。
そしてゴールド免許証ではなく青色免許証に戻った。
いや別にええけど運転せんから。

慣れ親しんだ保育園での一時保育も終わり、
娘は幼稚園入園まではずっと家にいる。
公園へ連れてやれず、引越しの荷物をただひたすら整理している私。
引越しは2週間ほど前に無事終えた。
が、気持ちはまだ前の家にある。
風呂がなんかしっくりこない、だったり
床の色や扉の高さや家じゅうの段差や、
そこかしこにこれじゃない感が散らばっている。

引っ越してしばらくは、娘の生活リズムも乱れた。
風呂に入るまえに寝てしまったり、
普段昼寝しないのにしたり、
きっと娘なりに環境に慣れようと必死なのかもしれない。
いぢらしい。

ミシンを買ってもらったので、
娘が幼稚園で使う弁当入れる巾着とかコップ袋とか、
取り敢えず作った。
作らなくても良いのに作りたかったので作った。
不器用なくせに数回失敗しながらなんとか出来た。
達成感がぱねえ・・・・

数日前、右下腹部が痛すぎて目が覚めた。
まだ3時とか4時とかだった。
なにこれヤバくね?と、渋谷系な感じになった。
ウトウトしても再び痛くなったりおさまったり、
これきっと前駆陣痛だわ、と外が明るくなるくらいに気付く。
もういつ産まれてもおかしくない時期になってしまった。
やり残したことだらけだ。

引越しする前日あたりに、
旦那と娘を巻き込み、ふたたび親子カットに行った。
娘と私ふたりで3000円。やっす。
娘はオンザ眉毛も甚だしい、すんげえ髪型に仕上がってしまった。
が、数日経つとなんとまあ可愛くなった。
馴染んだらすんげえしっくりくる。三戸なつめみたい。
そんで若干前下がりボブっぽいから前衛的ったらない。
結果的に切ってもらってよかった。
私も肩にかからない顎のラインあたりまで短くしてもらった。
親子そろっておかっぱみたいになった。

娘のジュウオウジャー熱がおさまらない。
引越し当日、近くのイオンでジュウオウジャーのショーがあるってもんだから
私も見たかったけど旦那に頼んで娘を連れていってもらう。
娘は離れてみたいと出発時から言っていて、
見たいけど近くは怖いらしい。
けど見たいらしい。

ジュウオウジャーの主題歌CD、ジュウオウキューブ、
変身するやつ、銃と剣になる武器、
だいたい揃ってしまった。
その代わりプリキュア系のおもちゃは一切買ってない。

そういや幼稚園のスモッグに、ジュウオウジャーのアップリケ付けてほしいと言われ
付けた。ジュウオウイーグルのアップリケ。


もう38週になる。
毎週の検診になり、ノンストレステストを毎回することになり、
内診することになり、いよいよ感がすごい。
若干ソワソワしている。
前回で主治医が退職したので次回は見たことない医者に診てもらうことになる。
そういや貧血だと言われ、薬が出た。
娘の時には無かった「お薬出しときますねー」だった。

今日もよく腹が張る。
張るっつうかなんか痛い。
ウネウネしとる。

試される大地

今日はとてもよい天気です。
しかし花粉が舞っているので、全く清々しくないのだった。

昨日は検診の日だった。
もう9か月に入っていることに若干たじろぐ。
やっと4D写真が撮れたので、胎児の顔をぼんやりとではあるけれど確認できた。
草食動物レベルに目が離れてみえる。
鼻と口はそれなりにはっきり再現できている気がするんだけれど、
「週数的にうまく撮れたほうだと思います」と担当医師。
そういや担当医師が3月末で退職するんだってさ。
出産の際は縁も所縁もない医師になる。

次回は2週間後、
ふたたび血液検査と骨盤の広さをみるためレントゲン撮影、
それからGBS(だったかたしか)検査、
なので久しぶりに内診がある。いやだなあ。

腹は大きくなっている。
息切れもしんどくなってきて、胎動もきつくなってきた。
そういえば検診もあと数回で終わる。
娘とともに過ごせる時間ももう終わる。
娘とゆったり過ごせる時間、もうなくなるんだと思うと
今まで悩んでいたことがばからしくなった。

もうすぐ4歳になる娘、
3歳児の世話を人並みかは不明だけれどそれなりにみてきた今思うのは、
今までがとてつもなく貴重な時間だったのだなということと、
その時は苦しくてしんどかったのに
終わってしまえばなんということはなかったということ。

引越しの準備と入園準備と出産準備を同時進行するというのは、
なかなかハードだなと思う。
効率が悪く、段取りも悪く、すすまない。
最近、とりあえずの出産準備や入院準備と、
非常にスローペースに入園準備をすすめている。
まだ「おどうぐばこ」の中身に名前を書いただけ。

引越しするのはなかなか気分的に落ち着かない。
環境の変化に滅法弱いので、ずっとそわそわしている。
引越しによる環境の変化、
出産による環境の変化、
それによって変わることを強いられる娘を受け容れなければならない変化、
娘はそれに加えて幼稚園へ通うという変化にもさらされる。

試される私と娘なのだった。

内気ぎみなレスラーの笑い方

今日も娘は枕元にジュウオウジャーのソフビ人形を並べて寝た。
なんでそんなにジュウオウジャーが好きなん。

気がつくと、
風呂上がりにアニメなど2作品観ることを楽しみにするようになったというか
習慣になってしまった。
「今日は何と何を観る?」と風呂で聞く。
風呂で遊びたがるので私がそれに付き合うのしんどいっつうか
面倒くさいからなんだけれども、
それ聞くとなんとか風呂からあがる決心がつくようなので聞く。
この数日はずっとジュウオウジャーですよ。
毎日毎日ジュウオウジャーばっかです。
ソフビ人形ももう5体揃ってしもうた。
私としては魔法つかいプリキュアのガチャガチャしたいのに、
ガチャガチャするのもジュウオウジャーばっか。


明日は幼稚園の説明会へ行かなければならない。
ああいやだなあ。
たくさんの親子と空間を共にするの苦痛だ。
もう胃が痛くてたまらん。
動悸と喉の渇きも半端なく感じるように。

そして制服のサイズ変更やら、
前回在庫が無かったものを買い足したりしなければならない。

いま娘は98センチの16キロなんですけど、
110センチの制服は3年持たないでしょうか、って、
ヤフー知恵袋に質問したいくらい悩んでいる。
120センチに交換してもらって、
裾上げしたり加工してなんとか3年持たすほうがええんかしら。
ブレザー約6000円、スカート約5000円、ベスト約4000円って、
高過ぎや。制服って、なんでこんな法外な値段なん。
途中で買い替えたらええやん、と
旦那はラグジュアリーに言っているんだけれども、
ブレザー約6000円、スカート約5000円、ベスト約4000円を
二度払うのを考えると、非常に悩ましい。
ブレザー約6000円、スカート約5000円、ベスト約4000円。
ブレザー約6000円、スカート約5000円、ベスト約4000円・・・
何回も言いたい。


今日は歯医者へ行った。
娘はしずかに、私の足元に置いてあるちいさな椅子に座って待っていた。
私の治療が終わると、橋本真也(かかりつけ歯科医)は娘に
キシリトールうんぬんと書いてあるラムネをくれた。
橋本真也(かかりつけ歯科医)は笑い方がレスラーそのものだ。
なんつか、カラッと笑えないというかシャイというか、
私もそうなんだけれども。
カラッとした笑顔が出来ない。

最近よく自転車に乗る。乗らざるを得ない。
一瞬で息があがる。颯爽と漕げない。
腹に力を入らないように気をつけてはいるものの、
やはり張るので時々降りて押して歩く。

もうすぐ33週になる。
そろそろ入院準備に必要なものを揃えたり、
新生児用の肌着を洗ったりしなければならない。
ああそれより引越し会社への見積もりを依頼しなければいけないし、
娘の幼稚園通いに必要な物品を調達したり作ったりしなければならない。
いらないものを捨てたいし、
いらない服もとにかく捨てたいし、
いらない雑貨や読まなくなった本やもうしなくなったゲームや、
とにかくたくさんたくさん捨てたいし、
引越し先の部屋に家具をどう配置するか考えたいし、

なのに何もすすまない。


それにしても、
どう考えても深田恭子がモテない三十路女役って無理があるな。
あああ可愛い。ワガママボディやで・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。